食あたり 症状について

食あたりの症状と予防について

食あたりは細菌などが増殖しやすい環境になると感染しやすくなります。
多くは夏から秋が多く注意が必要になります。
症状は腹痛、下痢、嘔吐が多く、感染した菌やウィルスによっては重症化する事もあります。
食中毒の種類はサルモネラ菌、カンピロバクターなどの感染型、腸管出血性大腸菌、ブドウ球菌、ボツリヌス菌などの毒素型などがあり潜伏期間や症状が異なります。
肉や魚など加熱殺菌が十分でないと感染の可能性があり、ブドウ球菌では人の傷口などから感染します。
また、フグやキノコなどの自然毒もあるので知識のある専門家から調理や購入をしましょう。
食あたりなどは予防が可能です。
肉や魚などは加熱をし野菜などは流水で洗い流します。
調理器具やまな板などは清潔にして殺菌して、食材を扱うときは手をきれいに洗いましょう。
調理ではなるべく作り置きはしないように心掛け、保存する場合は適切な温度の冷蔵庫で管理しましょう。
もし、食あたりが発症した場合は脱水症状に気を付け、嘔吐がある時は喉につまらないようにして安静にします。
薬などは安易に飲むと逆効果になるので医療機関に相談がよいと思います。

Copyright(c) 食あたり 症状 All Rights Reserved.