banner

banner banner banner

食あたりの症状について

banner 気温が高くなると食あたりが多くなります。
医学的は食中毒と呼ばれており、毒素が含まれた化学物質や有毒な微生物が含まれた飲食物を摂取する事で発熱や下痢、嘔吐などが現れます。
高温多湿な季節に食あたりの原因となる最近が活発になりますので、特に夏場は食中毒の発生件数が増え、発生原因の約7割が微生物が原因と言われています。
症状は腹痛や嘔吐下痢の他に発熱もありますので風邪と間違えて放置してしまうケースがあるのですが、脱水症状も引き起こす可能性がありますので適切な対応や治療が必要になります。
感染型の主な細菌にはサルモネラや腸管出血性大腸菌があり、サルモネラの場合は38度前後の発熱が現れ、腸管出血性大腸菌の場合は発熱は少ないといわれています。
その他に毒素型のブドウ球菌や感染力が非常に強く、とても激しい嘔吐や下痢に襲われる、ウイルス性食中毒のノロウイルスなどがあり、放置して脱水症状が重症化してしまうと意識障害を引き起こしますので早急な治療が必要となります。

即日エアコン工事

天候に左右されないお墓

取り付けまでのスピードが早いです
地デジアンテナ工事なら【キヨセアンテナ】
テレビ朝日でもその仕事ぶりが紹介されました。

品質、スピード、コストに秀でたECサイトサポート

万全警備つき!千舟2丁目の駐車場

食あたり 症状一覧

banner 食あたりは細菌などが増殖しやすい環境になると感染しやすくなります。
多くは夏から秋が多く注意が

食あたりの症状と予防について

banner 「食あたり」になったことはあるでしょうか。
よく耳にする症状でも、実際に経験したことはない方も

食あたりの症状について

banner 冷たいものを食べたことが影響したのか、急に食あたりになりトイレに駆け込んだことがあります。

記憶にない救急車での搬送

Copyright(c) 2011 食あたり 症状 All Rights Reserved.