食あたり 症状について

食あたりの症状について

「食あたり」になったことはあるでしょうか。
よく耳にする症状でも、実際に経験したことはない方もいるのではないでしょうか。
医学的には「食中毒」といいます。
熱い時期になってくると耳にする機会が増えますね。
食中毒とは有毒な微生物や化学物質などの毒素を含む食べ物や飲み物を摂取することによって起きる嘔吐や腹痛、下痢、発熱が主な症状です。
感染源によって多少変わってきます。
一般的に食中毒の原因となる細菌は高温多湿を好むため夏場に発生件数は増えます。
食品に含まれる細菌以外にも毒キノコなどの自然毒も原因のひとつになります。
食中毒は放置すると脱水や意識障害が起こることがあります。
子供は脱水をしやすく、食中毒の疑いがある場合には必ず受診するようにしてください。
勝手な判断で薬を飲み、下痢を止めると体の中に細菌を閉じ込めることになるので注意してください。
受診の際は、いつから症状が出たのか、最近食べたもの(できれば食べたものは保管しておく)をしっかり伝えるようにしましょう。

Copyright(c) 食あたり 症状 All Rights Reserved.